NPO法人 AWAがん対策募金(あわがん)
 ホーム>>応援メッセージ(徳島県市町村)
AWAがん対策募金について
  
    ホーム
    設立趣旨
    理事長挨拶
    定款
    役員一覧
    協賛企業一覧
    応援メッセージ
      徳島県市町村
     医療関係

    お問い合わせ
    
入会案内
    入会の申込み
    ご寄付のお願い

    お知らせ
    リンク集
    事業報告書等
    個人情報保護方針

 応援メッセージ(徳島県市町村)
■徳島県 (あいうえお順)
飯泉 嘉門 (徳島県知事)
 「AWAがん対策募金」は、皆様の助け合いの心をがん患者の安心した治療につなげる全国初の取り組みであり、大いに期待しています。県民の皆様のご理解とご協力により、この心温まる取り組みを、大きく育てましょう。


後藤田 正純 (自由民主党 衆議院議員)
 AWAがん対策募金の取組もあり、低水準にあった徳島のがん検診率は、ここ数年で顕著に向上しています。
 私も「ため息を一言も聞き漏らしてはならない」という思いで、がん患者・家族の方々のQOL向上と心身を癒すべく、国政の場で全力を尽くします。
 徳島の取組が全国のモデルとなるよう、がん対策に取り組んでいきましょう。


中西 祐介 (財務大臣政務官 参議院議員)
 順次、新薬が開発され、ガンは不治の病ではなくなってきておりますが、1日も早くガンが根絶される日がくることを願うとともに、がん患者やご家族を支援するため、力強いご活動を賜りますようお願いを申し上げます。


山口 俊一 (自由民主党 衆議院議員)
 正常な細胞が突然異常となり増殖を続けるという大変悩ましい疾患、ガン。
 治療には、肉体的にも、精神的にも、また、経済的にも大きな負担を伴います。
 この度のNPO法人AWAがん対策募金のご努力に心強いものを感じます。
 この取り組みを通じガンが克服されることを願って止みません。


■徳島市町村 (あいうえお順)
石川 智能 (藍住町長)
 「NPO法人AWAがん対策募金」の活動に心から敬意を表します。
 貴団体の御活動が、がん患者やその家族の皆様の大きな力となりますことをお祈りします。そしてがん対策がより進んでいくよう支援してまいります。


泉 理彦 (鳴門市長)
 「NPO法人AWAがん対策募金」の設立、誠におめでとうございます。
 がん患者及び その家族の皆様のQOLの向上に繋がりますとともに、募金からはぐくまれる人と人との新しい支援の輪が県内全域に広がりますことを祈念いたします。


岩城 福治 (佐那河内村長)
 「AWAがん対策募金」の活動に深く敬意を表します。
 貴法人の活動が、がん患者並びにそのご家族皆様にとって心の拠り所となり、県民の皆様のご理解とご協力が広く得られ、ますます発展されることを心から祈念申し上げます。


岩浅 嘉仁 (阿南市長)
  勢井理事長の同級生としても、AWAがん対策募金の活動に心からのエールを送ります。阿南市民はもとより、広く徳島県民の皆さんのこの募金に対する温かい御理解と御協力をお願いします。


遠藤 彰良 (徳島市長)
 「AWAがん対策募金」の活動に感謝いたします。
 がん検診の受診率が上がるだけで、必ず助かる命が増えるのです。
 苦しみ、悲しむ人を少しでも減らすために、がん検診受診率を向上させたい。
 私の強い願いでもあります

影治 信良 (美波町長)
 「NPO法人AWAがん対策募金」の活動に心から敬意を表します。
 私たちの健康を脅かすがんに対し、その命へのサポートとしての取り組みは、がん患者さんやご家族を心身ともにケアする大切な支援であり、その活動が今後ますます広がりますよう祈念いたします。


兼西  (つるぎ町長)
 NPO法人AWAがん対策募金の活動に敬意を表します。
 今後も、がん患者及びご家族のQOL向上のために積極的な活動を希望します。


川原 義朗 (東みよし町長)
 貴法人の活動は、がんと闘う社会作りの一助であります。その活動がさらに普及し、一人でも多くのがん患者やその家族の精神的・経済的な負担が軽減されることを切に願っております。

川真田 哲哉 (吉野川市長)
 NPO法人AWAがん対策募金の設立おめでとうございます。
 がんが国民の死亡率第1位という時代の中で、貴法人のご活動が、がんで苦しむ多くの患者とその家族の光明とならんことをご期待申し上げます。


黒川 征一 (三好市長)
 「NPO法人AWAがん対策募金」の活動に心から敬意を表します。
 その活動が、すべてのがん患者やその家族の心の拠り所となり、取り組みに対する理解と支援の輪が一層広がりますことをお祈り申し上げます。


後藤 正和 (神山町長)
 「AWAがん対策募金」は、全国的にも注目される画期的な活動です。がん患者にとって、治療費は大きな負担です。誰もが安心してがんの治療が受けられますよう、皆様のご理解とご協力をお願いします。


小林 智仁 (石井町長)
 「NPO法人AWAがん対策募金」の活動に心から敬意を表します。
 徳島のがん検診率は年々右肩上がりですが支援活動の輪が多くの方に広がりますようご祈念致します。


玉井 孝治 (板野町長)
 NPO法人AWAがん対策募金の活動にエールを送ると共に、敬意を表します。
 AWAがん対策募金設立後3ヶ年が経過し県民の皆様のご理解とご協力も高まってきております。
 県内で募金を通して新たな支援活動の輪が大きく広がることをご祈念致します。


中田 丑五郎 (勝浦町長)
 「NPO法人AWAがん対策募金」の活動に心から敬意を表します。
 貴団体のご活躍により、がんで苦しむ多くの方々の不安等の軽減やQOLの向上が図られるとともに、支援の輪が一人でも多くの方に広がることをご祈念申し上げます。
 

野崎 國勝 (阿波市長)
  「NPO法人AWAがん対策募金」の活動に敬意を表します。
  今や国民の2人に1人ががんにかかる可能性があるとされています。
  貴団体のご支援により、がん患者とその家族の不安等の軽減やQRL向上が図られ、より多くの皆様のご理解、ご協力が得られますよう願っています。


花本 靖 (上勝町長)
 「AWAがん対策募金」の献身的な取組みが、がん患者や家族にとって大きな経済的・精神的な支えになっていることに敬意と感謝を表します。
 貴団体の活動が、がんに対する知識や技術の向上につながり、人類ががんを克服する日がくることを祈念いたします。


濱田 保徳 (小松島市長)
 がん患者並びにその家族の経済的援助活動をはじめ、様々な活動に取り組まれておりますことに、深く敬意を表しますとともに、心より感謝を申し上げます。
 活動を通じ、がんに対する地域社会の理解と連携の強化に繋がるようご祈念申し上げます。


広瀬 憲発 (松茂町長)
 NPO法人AWAがん対策募金の設立に敬意を表します。
 「病気」特に「がん」は早期に発見することが最も重要であります。
 患者の皆様が、最善のがん治療を受けられるよう支援して参ります。


福井 雅彦 (牟岐町長)
 日本人の2人に1人ががんに罹ると言われる現在、昔と比べ、格段に生存率は高くなりました。しかしながら今だに3人に1人の方が、がんで死亡しており、また、治療は壮絶を極めています。
 このような中、貴NPO法人のお取り組みは、がん患者にとり、正しく希望の光かと存じます。ひとりでも多くの方が、がんの悩みや苦しみから救われますよう、貴法人のご活動に大いにご期待するとともに、今後のご発展をご祈念いたします。


古川 保博 (北島町長)
 NPO法人AWAがん対策募金のご活躍に、心から敬意を表します。この取り組みが、ひとりでも多くのがん患者とご家族の皆様の不安解消につながるよう期待するとともに、募金を通じて、人と人との新しい輪が広がることを願っております。


前野 恵 (海陽町長)
 「NPO法人AWAがん対策募金」の活動に対し、心から敬意を表します。がん患者にとって、治療費は大きな負担であり、貴団体のご活躍により、がんで苦しむ多くの方々の費用負担軽減やQOLの向上が図られるとともに支援の輪が広がっていくことをお祈り申し上げます。


牧田  (美馬市長)
 この募金事業による援助活動により、県内における患者及びその家族の経済的負担・精神的不安等が軽減され、安心して暮らせる活動となるよう切に願います。


医療関係 応援メッセージへ
▼ホームへ戻る ▲このページのトップへ
Copyright(C) NPO AWAがん対策募金 all rights reserved.