NPO法人 AWAがん対策募金(あわがん)
 ホーム>>がん検診率向上プロジェクト>>2016年 プロジェクト実施報告
2016年 プロジェクト実施報告
■プロジェクトメンバー
  教諭、学生    徳島文理大学 保健福祉部看護学科
             四国大学 看護学部看護学科
             徳島大学 医学部
             徳島県鳴門病院附属看護専門学校
  勢井 啓介    NPO法人AWAがん対策募金 ・ ガンフレンド
  渋谷 義久    NPO法人AWAがん対策募金 ・ ガンフレンド
  川ア 陽二    NPO法人AWAがん対策募金 ・ ガンフレンド
  宮本 良之    NPO法人AWAがん対策募金


■徳島文理大学
  四国大学
  徳島大学
  徳島県鳴門病院附属看護専門学校
  徳島県保健福祉部健康増進課
  阿南市保健センター


■2016年 プロジェクトスケジュール
 9月  プロジェクト 打合せ (27日)
 10月  山城祭 徳島文理大学 (14日〜16日)
 あなん健康まつり (16日)
 鳴看祭 徳島県鳴門病院附属看護専門学校 (27日)
 蔵本祭 徳島大学 (29日)
 11月  芳藍祭 四国大学 (12日・13日)
 プロジェクト 反省会 (22日)
 
    


    ■2016年 出前講座 ※随時更新
出前講座 鳴門市板東小学校
日時 2016年1月28日(木) 13:50〜14:35
場所 鳴門市板東小学校 図書室
対象 5年生 48名
内容 『がんの予防』 とくしま未来健康づくり機構 勢井雅子氏
大切な方へがん検診を呼びかけるメッセージカード作成
出前講座 鳴門市黒崎小学校
日時 2016年2月12日(金) 10:35〜11:20
場所 鳴門市黒崎小学校 教室
対象 5年生 12名
内容 『がんのなぞQ&A』 医療法人愛生会 兼松病院 兼松晴彦氏
大切な方へがん検診を呼びかけるメッセージカード作成
出前講座 鳴門市瀬戸中学校
日時 2016年2月18日(木) 13:00〜13:50
場所 鳴門市瀬戸中学校 国際理解教室
対象 1年生 42名
内容 『がんと向き合う』 AWAがん対策募金 川ア陽二氏
大切な方へがん検診を呼びかけるメッセージカード作成
出前講座 鳴門市堀江南小学校
日時 2016年2月19日(金) 10:40〜11:25
場所 鳴門市堀江南小学校 会議室
対象 5、6年生 22名
内容 『がんは怖い!怖い?』 徳島県立三好病院 寺嶋吉保氏
大切な方へがん検診を呼びかけるメッセージカード作成
出前講座 小松島西高等学校
日時 2016年3月22日(火) 9:15〜11:00
場所 小松島西高等学校 体育館
対象 1、2年生 389名
内容 『がんは早期発見で治る!!〜いまからできること〜』 徳島赤十字病院 石倉久嗣氏
『がんと向き合う』 AWAがん対策募金 川ア陽二氏
大切な方へがん検診を呼びかけるメッセージカード作成
出前講座 鳴門市鳴門東小学校
日時 2016年7月4日(月) 13:40〜14:25
場所 鳴門市鳴門東小学校 教室
対象 5、6年生 10名
内容 『がんを学ぶ』 医療法人愛生会 兼松病院 兼松晴彦氏
大切な方へがん検診を呼びかけるメッセージカード作成
出前講座 小松島西高等学校勝浦校
日時 2016年7月12日(火) 12:50〜13:30
場所 小松島西高等学校勝浦校 研修館
対象 2年生 40名
内容 『がんと生活習慣について学ぼう!』 徳島保健所 手塚侑子氏
大切な方へがん検診を呼びかけるメッセージカード作成
出前講座 鳴門市桑島小学校
日時 2016年7月15日(金) 10:40〜11:25
場所 鳴門市桑島小学校 パソコン室
対象 5年生 33名
内容 『がんを学ぶ』 医療法人愛生会 兼松病院 兼松晴彦氏
大切な方へがん検診を呼びかけるメッセージカード作成
出前講座 鳴門市第一中学校
日時 2016年8月30日(金) 10:30〜11:15
場所 鳴門市第一中学校 2階会議室
対象 1年生 196名
内容 『がんは怖い?!その対処法を学ぶ』 徳島県立中央病院 寺嶋吉保氏
大切な方へがん検診を呼びかけるメッセージカード作成
出前講座 富岡西高等学校
日時 2016年10月6日(木) 15:40〜16:30
場所 富岡西高等学校 体育館
対象 1、2年生 504名
内容 『タバコとがん−喫煙の有害性と禁煙の方法−』 
 徳島大学大学院医歯薬学研究部 埴淵昌毅氏
大切な方へがん検診を呼びかけるメッセージカード作成
出前講座 徳島市立高等学校
日時 2016年10月14日(金) 15:00〜15:45
場所 徳島市立高等学校 視聴覚教室
対象 医療系の進路を希望している2年生 62名
内容 『がんと向き合う』 AWAがん対策募金 川ア陽二氏
大切な方へがん検診を呼びかけるメッセージカード作成
出前講座 那賀高等学校
日時 2016年10月24日(月) 13:20〜14:10
場所 那賀高等学校 体育館
対象 1、2年生 156名
内容 『がんとは?_がんにかかるということ』 阿南中央病院 片山和久氏
大切な方へがん検診を呼びかけるメッセージカード作成
出前講座 川島高等学校
日時 2016年11月14日(月) 15:30〜16:30
場所 川島高等学校 至誠会館
対象 3年生 167名
内容 『がんについて知ろう!』 とくしま未来健康づくり機構 徳島県総合健診センター 本田浩仁氏
大切な方へがん検診を呼びかけるメッセージカード作成
出前講座 城北高等学校
日時 2016年11月17日(木) 14:30〜16:20
場所 城北高等学校 体育館2階アリーナ
対象 1年生 280名
内容 『がん予防と若くても注意が必要ながんについて』 徳島大学病院 河北貴子氏
大切な方へがん検診を呼びかけるメッセージカード作成
出前講座 鳴門市里浦小学校
日時 2016年12月14日(水) 10:40〜11:25
場所 鳴門市里浦小学校 教室
対象 5年生 29名
内容 『がんを学ぶ』 医療法人愛生会 兼松病院 兼松晴彦氏
大切な方へがん検診を呼びかけるメッセージカード作成
出前講座 富岡東高等学校羽ノ浦校
日時 2016年12月16日(金) 13:40〜14:30
場所 富岡東高等学校羽ノ浦校 講義室
対象 1年生 40名
内容 『がんと向き合う』 AWAがん対策募金 川ア陽二氏
大切な方へがん検診を呼びかけるメッセージカード作成
出前講座 池田高等学校定時制
日時 2016年12月16日(金) 17:45〜18:45
場所 池田高等学校定時制 読書室
対象 1〜4年生 18名
内容 『たばことがん』 徳島県立三好病院 住友正幸氏
大切な方へがん検診を呼びかけるメッセージカード作成



    ■2016年 がん検診率向上プロジェクト ※随時更新
がん検診率向上プロジェクト  がん患者が語る それぞれのがん
 
 日時 2016年9月4日(日) 9:50〜12:35
 場所 ふれあい健康館
 
 書いていただいたメッセージカードの枚数 17枚
がん検診率向上プロジェクト  打合せ

 日時 2016年9月27日(火) 19:00〜20:00
 場所 徳島往診クリニック附属訪問看護ステーション
 参加者 学生9名、先生3名、県職員1名、AWAがんスタッフ5名
 議題 @プロジェクトの説明
A去年の反省と提案
Bメッセージカードについて
C備品の持ち回りについて
Dスタッフの派遣について、他
がん検診率向上プロジェクト  徳島文理大学 山城祭

 2016年10月14日(金)〜16日(日)
 
 書いていただいたメッセージカードの枚数 3日間で208枚
がん検診率向上プロジェクト  あなん健康まつり

 2016年10月16日(日) 9:30〜12:00

 書いていただいたメッセージカードの枚数 118枚
がん検診率向上プロジェクト  徳島県鳴門病院附属看護専門学校 鳴看祭

 2016年10月27日(木) 9:00〜15:00

 書いていただいたメッセージカードの枚数 76枚
がん検診率向上プロジェクト  徳島大学 蔵本祭

 2016年10月29日(土) 10:00〜15:00

 書いていただいたメッセージカードの枚数 150枚
がん検診率向上プロジェクト  四国大学 芳藍祭

 2016年11月11日(金)〜13日(日) 10:00〜16:00

 書いていただいたメッセージカードの枚数 3日間で310枚
がん検診率向上プロジェクト  反省会

 日時 2016年11月22日(火) 19:00〜20:00
 場所 徳島往診クリニック附属訪問看護ステーション
 参加者 学生9名、先生3名、AWAがんスタッフ5名
 議題 @プロジェクトの報告
A今後の課題と提案
Bその他

<学生スタッフの感想>

 呼び込みが大切だとわかったが、なかなかできなかった。
 最初恥ずかしかったが、だんだん慣れて出来るようになった。

 乳がんモデルに関心を持ってくれた。実際に触れられるものを増やせば、
 もっと関心を持ってもらえるのでは。

 空き時間を利用して予めハガキにイラストを書いておいた。
 ハガキが書きやすくなるよう工夫してよかった。

 家族からうれしいと言われた。実際に検診に行ってくれた事がわかった。

 医療関係以外の学生は検診の事がわからない人が多い。
 家族の方にカードを出すというと興味を持ってくれた。

 ハガキはずっと連絡を取ってなかった人に連絡を取る手段にもなる。

 がん検診率プロジェクトの奥に骨密度測定、血圧測定を設けたことで、
 親が検査している間に子どもが書いてくれたり、検査のついでに親も書いてくれた。

 がん検診のハガキをおじいちゃん、おばあちゃんが貰ったらうれしいと思う。

 社会人だけでなく、高校生、大学生も関心を持って書いてくれたのに驚いた。

 この機会がなかったら大学生が親にがん検診に行ってほしいと言う機会はなかなかない。

 楽しそうにハガキを書いてくれた。いろんな人と話すきっかけになってよかった。

 自分は友達に多く書いてもらった。他の人にも呼びかけたが難しかった。
 他の科と連携してプロジェクトを実施するともっと多く書いてもらえると思う。

 ハガキに書いた気持ちの他に、がん検診に関してどのように考えているかなど
 思いを知れたらよかった。

 

▼ホームへ戻る ▲このページのトップへ
Copyright(C) NPO AWAがん対策募金 all rights reserved.