ガンフレンド
ガンフレンドは、国立ガンセンターへ入院していた患者仲間の四方山話から設立された患者会です。
− がんと闘う情報 −   
入会申込


代表からご挨拶


  ある日、医者に『あなたの病名はがんです』と告示されたら、誰もがきっと思うと思います。
  ・治療は今の病院でよいのか?
  ・治療方法はどうなるのか?
と思いながらも、その医者から言われた治療方法で治療を進めていくかと思います。


  治療方法には外科治療もあれば放射線・抗がん剤での治療等さまざまありますが、治療を受けている病院が持っている設備の範囲内で当然進められるかと思います。


  転移・再発がなく治る方もいれば、転移・再発に苦しめられる方もいます。がん発見の時期も当然あるでしょうが、初期治療の出来・不出来または治療内容の違い(同じ治療でも医師による差も含め)による治療効果の差も出ているのが現実かと思います。


  患者にとって治療は後戻りできないもので、あの時こうしておけば良かったのではないか、後で後悔してもどうしようもないのです。


  現在、私は手術を3回行っています。2回目以降はがん転移によるものですが、まだまだ転移する恐怖はあります。


  『ガンフレンド』の設立は、総てのがん患者に最適の治療方法が提示できるよう、他の仲間と協力しあい以下の項目を実現したく考えています。

  ・最新医療情報の提供
  ・未承認薬の早期承認を求める活動
  ・患者の側に立った治療の実現

  上記のことが早急に実現できるよう、微力ながら頑張っていきたいと思います。


                                   ガンフレンド代表  勢井 啓介




▼TOPページへ戻る ▲このページの上に戻る
Copyright(C) ガンフレンド all rights reserved.